Topics

カットタイム、オプションカットとは?

カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

カットオフタイムとも呼ばれる。

主に東京15時、NY午前10時(日本時間24時、夏時間は23時)に集中し、それぞれ「東京カット」「ニューヨークカット」と呼ばれています。

一般的に、オプションカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

カットタイム(オプションカット)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  2. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  3. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  4. パリティ(parity)とは、同等であること。
  5. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  6. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  7. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  8. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  9. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  10. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...

アーカイブ