Topics

カットタイム、オプションカットとは?

カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

カットオフタイムとも呼ばれる。

主に東京15時、NY午前10時(日本時間24時、夏時間は23時)に集中し、それぞれ「東京カット」「ニューヨークカット」と呼ばれています。

一般的に、オプションカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

カットタイム(オプションカット)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  2. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  3. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  4. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  5. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  6. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  7. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  8. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  9. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  10. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。

アーカイブ