Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  2. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  3. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  4. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  7. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  8. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  9. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  10. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。

アーカイブ