Topics

オシレーター系・トレンド系とは?

FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。

オシレーター系とは、一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いるテクニカル分析です。

代表的なものは、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどがあります。

オシレーター系

オシレーター系のRSI。

 

一方トレンド系は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために一般的に用いられます。
代表的なものは、移動平均線、DMIなどです。

トレンド系

トレンド系の移動平均線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  2. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  3. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  4. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  5. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  6. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  7. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  8. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  9. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  10. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。

アーカイブ