Topics

Pips(ピプス)とは?ドル円やユーロドルの場合は?

Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。

呼び方は、ピップスともいう。
ディーラーは単にポイント(Point)ともいう。

ドル円やユーロ円の場合、1銭(0.01円)が1pip(または1ポイント)となる。
ユーロドルなどのドルストレートの場合、0.0001ドルを指す。

正確には、現在はFX会社は0.1銭まで表示しているので最小単位は0.1銭だが、1銭単位で表示していた名残で1銭=1Pipとなっている。

102.20円から102.40円に上昇すれば、「20Pips(ピプス)の上昇」
102円から103円に上昇すれば「100Pips(ピプス)の上昇」をいう。

ピプスの具体例(使用例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  2. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  3. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  4. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  5. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  6. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  7. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  8. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  9. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  10. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。

アーカイブ