Topics

アルゴリズム(トレード)とは?

あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断しながら自動的に売買するしくみ。

自動売買ともいう。

例えば、移動平均線の短期線と中期線がゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売りなど。

チャートソフトMT4上で自動売買するプログラムをEAという。

多くの有料無料のEAがWEB上に出回っているが、なかには詐欺まがいのものも多いので十分気をつける必要がある。

バックテストが十分出来ていても、過去の結果を最良にするあまり実際にアルゴを発動したら大損することも多々ある。
このように、過去の結果に最適化するようにアルゴを組むことをカーブフィッティングという。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  2. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  3. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  4. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  5. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  6. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  7. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  8. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  9. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  10. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...

アーカイブ