Topics

ランダム・ウォーク理論とは?

ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
相場についての理論のうちの一つである。

バートン・マルキール氏による『有名ウォール街のランダム・ウォーカー』が有名。

ランダムウォーク理論の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  2. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  3. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  4. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  5. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  6. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  7. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  8. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  9. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  10. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。

アーカイブ