Topics

高値覚えとは?

高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れないこと。

以前につけた高いレートを基準判断をしてしまうこと。
再びレートが上昇することを期待すること。

逆は安値覚え。

高値覚えの具体例は?

「レート急落後、高値覚えで売りに動かない投資家が多い」という状況が考えられる。
これは、ドル円102円から100円まで急落後、以前102円まで上昇したのだからまた戻るはずという期待を持ちそのままホールドする状況をいう。

 

「高値おぼえ、安値おぼえは損のもと」という格言がある。

高値覚えの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  2. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  3. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  4. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  5. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  6. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  7. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  8. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  9. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  10. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。

アーカイブ