Topics

戻り足とは?

戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

下げ歩調の相場が反発して、上昇することを指す。

戻り足の使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  2. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  3. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  4. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  5. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  6. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  7. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  8. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  9. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  10. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...

アーカイブ