Topics

戻り足とは?

戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

下げ歩調の相場が反発して、上昇することを指す。

戻り足の使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  2. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  3. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  4. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  5. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  6. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  7. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  8. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  9. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  10. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。

アーカイブ