Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  2. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  3. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  4. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  5. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  6. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  7. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  8. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  9. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  10. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。

アーカイブ