Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  2. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  3. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  4. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  5. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  6. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  7. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  8. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  9. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  10. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。

アーカイブ