Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  2. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  3. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  4. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  5. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  6. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  7. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  8. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  9. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  10. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。

アーカイブ