Topics

マーチンゲール法(方式)とは?絶対勝てる投資法?

マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
勝ったらまたスタートに戻る。

ギャンブルの世界では有名な方式。

具体例(勝ったら2倍)

1回目 100円 負け 合計投機額100円
2回目 200円 負け 合計投機額300円
3回目 400円 負け 合計投機額700円
4回目 800円 負け 合計投機額1500円
5回目 1600円 勝ち 合計投機額3100円 →払戻し額3200円(1600×2倍)なので100円の利益

6回目 100円 負け



といった具合。

所持金が0になるまでに連敗が止まれば、最初の賭け金分を儲けられるということ。

連敗が続くと掛け金がとんでもない額になる。

マーチンゲールの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  2. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  3. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  4. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  5. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  6. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  7. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  8. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  9. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  10. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...

アーカイブ