Topics

マーチンゲール法(方式)とは?絶対勝てる投資法?

マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
勝ったらまたスタートに戻る。

ギャンブルの世界では有名な方式。

具体例(勝ったら2倍)

1回目 100円 負け 合計投機額100円
2回目 200円 負け 合計投機額300円
3回目 400円 負け 合計投機額700円
4回目 800円 負け 合計投機額1500円
5回目 1600円 勝ち 合計投機額3100円 →払戻し額3200円(1600×2倍)なので100円の利益

6回目 100円 負け



といった具合。

所持金が0になるまでに連敗が止まれば、最初の賭け金分を儲けられるということ。

連敗が続くと掛け金がとんでもない額になる。

マーチンゲールの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  2. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  3. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  4. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  5. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  6. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  7. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  8. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  9. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  10. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。

アーカイブ