Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  2. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  3. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  4. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  5. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  6. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  7. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  8. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  9. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  10. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。

アーカイブ