Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  2. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  3. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  4. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  5. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  6. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  7. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  8. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  9. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  10. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...

アーカイブ