Topics

ブラックマンデーとは?なぜ起こったのか?

ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時株安のこと。

史上最大規模の世界的な株価大暴落である。

暗黒の月曜日ともいう。

ブラックマンデーはどのくらい下落したのか?

NY株式市場は508ドル安(下落率22.6%
日経平均は3836.48円安(下落率14.9%
の暴落となった。

ブラックマンデーはなぜ起こったのか?理由は?

ブラックマンデーが起こった理由はいまだ明確には分かっていない。
一部、米国の双子の赤字や当時流行り出した自動売買プログラムが原因ともいわれるが確証はない。

ブラックマンデーの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  2. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  3. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  4. パリティ(parity)とは、同等であること。
  5. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  6. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  7. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  8. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  9. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  10. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。

アーカイブ