Topics

ブラック・ショールズ・モデルとは?FXでの使用例とは?

ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの理論価格の計算モデルのこと。

 

フィッシャー・ブラック

フィッシャー・ブラック

 

マイロン・ショールズ

マイロン・ショールズ

 

オプションの理論価格算出に広く利用されている。

FXでは、バイナリーオプションの計算に用いられている。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  2. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  3. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  4. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  5. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  6. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  7. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  8. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  9. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  10. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。

アーカイブ