Topics

ブラック・ショールズ・モデルとは?FXでの使用例とは?

ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの理論価格の計算モデルのこと。

 

フィッシャー・ブラック

フィッシャー・ブラック

 

マイロン・ショールズ

マイロン・ショールズ

 

オプションの理論価格算出に広く利用されている。

FXでは、バイナリーオプションの計算に用いられている。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  2. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  3. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  4. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  5. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  6. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  7. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  8. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  9. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  10. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。

アーカイブ