Topics

ブラックアウトとは?日本とアメリカの期間は?

ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マターについて発言することを禁じたルールのこと。

日本(日銀)の場合

日銀の場合、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻までの期間は、原則として金融政策及び金融経済情勢に関して発言をしないこととなっている。

アメリカ(FRB)の場合

米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっている。

ブラックアウト(ルール)の適用期間が一番長いのは米国である。

ブラックアウトの使用例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  2. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  3. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  4. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  5. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  6. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  7. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  8. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  9. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  10. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。

アーカイブ