Topics

ブラックアウトとは?日本とアメリカの期間は?

ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マターについて発言することを禁じたルールのこと。

日本(日銀)の場合

日銀の場合、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻までの期間は、原則として金融政策及び金融経済情勢に関して発言をしないこととなっている。

アメリカ(FRB)の場合

米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっている。

ブラックアウト(ルール)の適用期間が一番長いのは米国である。

ブラックアウトの使用例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  2. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  3. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  4. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  5. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  6. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  7. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  8. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  9. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  10. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。

アーカイブ