Topics

日銀短観とは?現在のDIは?

日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。

日銀が企業に直接アンケート調査を行い、サンプル数も多いことからFXにおいて注目度の高い経済指標の一つである。

日銀短観とは

具体的には、全国の約1万社の企業を対象に、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査する。

日銀短観のDIとは?

特にFXマーケットが注目するのが日銀短観のD.I(ディーアイ)である。

これは、Diffusion Index(ディフュージョン・インデックス)の略で、企業の業況感や設備、雇用人員の過不足などの各種判断を指数化したもの。

D.I.は、各判断項目について3個の選択肢を用意し、選択肢毎の回答社数を単純集計し、全回答社数に対する「回答社数構成百分比」を算出した後、次式により算出。

D.I.=(第1選択肢の回答社数構成百分比)-(第3選択肢の回答社数構成百分比)

日銀短観とは

参照:日本銀行HP

過去の日銀短観データ

過去の日銀短観データは以下である(大企業製造業業況判断指数)。
(かっこ)は先行きの数字。

■2016年
7月 6
4月 6
■2015年
4月 12(10)
7月 15(16)
10月 12(10)
12月 12(7)

DIの最新データはこちら

日銀短観の公式情報はこちら

日銀短観の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  2. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  3. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  4. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  5. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  6. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  7. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  8. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  9. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  10. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...

アーカイブ