Topics

トレール注文(トレーリングストップ)とは?

トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

トレーリングストップともいう。

レートの動きに応じて一定の値幅で逆指値価格が自動修正する。

トレール注文の具体的

トレーリングストップとは

100円でドル円ロング。
10ポイント逆方向に向かえば損切りのトレール注文。

はじめは、99.90円で損切り注文となる。
しかし、その後レートが順調に上昇し、101円まで上昇すれば損切り注文発注は100.90円となる。

購入したポジションがトレンドに順調に乗れば、損切りラインがどんどん上がってくということ。

トレール注文(トレーリングストップ)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  2. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  3. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  4. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  5. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  6. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  7. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  8. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  9. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  10. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。

アーカイブ