Topics

ドルペッグ制とは?

ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。

「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。

自国通貨とドルとの固定相場制を図る政策。

経済的に不安定な要素のある国の通貨レートをドルに連動させ、為替相場の変動の幅を制限または固定する。

基軸通貨である米ドルと連動させることで、自国通貨の安定をもたらし不安定な自国通貨変動リスクを防ぐというメリットがある。

ただ、アメリカの金利政策と連動しているため、自国の通貨政策に対する裁量の余地が乏しいというデメリットがある。
また、自国の経済実態と乖離して米ドル高が進行した場合、自国の通貨政策と経済運営に多大な影響を及ぼすリスクがある。

ドルペッグ制を採用している国

香港ドル(一定範囲内での変動を認めている)
エルサルバドル・コロン
パナマ・バルボア(硬貨のみ)
中東産油国(クウェートは2007年5月に撤退)

ドルペッグの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  2. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  3. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  4. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  5. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  6. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  7. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  8. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  9. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  10. バリアオプションとは、オプションの一種。

アーカイブ