Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  2. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  3. パリティ(parity)とは、同等であること。
  4. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  5. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  6. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  7. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  8. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  9. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  10. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

アーカイブ