Topics

ドテン取引とは?

ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。

買建て(ロング)している場合は決済して売建て(ショート)にするということ。

ドテン取引のトレード例

ドテン取引

このように、うまくハマれば大きく利益を伸ばすことができれば、失敗すれば往復ビンタをもらうことになる。

ドテン取引の具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  2. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  3. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  4. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  5. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  6. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  7. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  8. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  9. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  10. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...

アーカイブ