Topics

デルタヘッジとは?

デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想と反対の直物取引を行うこと。
通常、元本の50%未満の反対取引をする。

デルタとは、原商品の価格が1単位動いたときにオプション・プレミアムがどれだけ変化するかを表すリスク指標のこと。

デルタは0から1の間で変化し、アット・ザ・マネー付近では約0.5となり、アウト・オブ・ザ・マネーになるほど0に近づき、イン・ザ・マネーになるほど1に近づく。

デルタヘッジの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  2. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  3. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  4. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  5. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  6. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  7. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  8. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  9. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  10. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。

アーカイブ