Topics

デカップリング論とは?

デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を維持しながら、世界経済を牽引していくという考え方のこと。

デカップリング(decoupling)とはもともと「切り離す」という意味。

反対用語のリカップリング論とは?

しかし、アメリカのサブプライムローンが焦げついた問題が、世界規模で経済や金融に影響を与えていることから、否定的な立場をとる考え(これをリカップリング論という)もある。

デカップリングの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  2. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  3. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  4. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  5. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  6. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  7. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  8. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  9. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  10. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。

アーカイブ