Topics

デカップリング論とは?

デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を維持しながら、世界経済を牽引していくという考え方のこと。

デカップリング(decoupling)とはもともと「切り離す」という意味。

反対用語のリカップリング論とは?

しかし、アメリカのサブプライムローンが焦げついた問題が、世界規模で経済や金融に影響を与えていることから、否定的な立場をとる考え(これをリカップリング論という)もある。

デカップリングの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  2. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  3. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  4. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  5. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  6. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  7. パリティ(parity)とは、同等であること。
  8. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  9. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  10. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。

アーカイブ