Topics

アービトラージ(アビトラ)とは?

アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売ることで、理論上のリスクを持たずに収益を求めるトレードのこと。 価格差を利用してさや取りをする取引のことで、裁定(さいてい)取引とも呼ばれる。

具体例

アビトラは、異なるFX会社で行うことができる。
(例えば、GMOクリック証券と楽天FX等)

例えば、
GMOクリック証券のドル円のレートが「BID(売り):100.20 ASK(買い):100.23」
楽天証券FXのドル円のレートが「BID(売り):100.15 ASK(買い):100.18」の時。

GMOクリックでBID(売り):100.20、
楽天証券FXでASK(買い):100.18でそれぞれ注文すると、理論的には2ポイント収益を得られる。

相対取引とはいえ通常ここまで価格差が生じることは少ないが、0.2〜0.3ポイント程度ならボラティリティが大きい時は生じることはあり、実際にトレードしている人も多い。

特にリクイディティが少ない日本時間早朝などは、レートが乖離しやすくそのタイミングを狙ってアビトラを仕掛けるトレーダーが多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  2. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  3. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  4. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  5. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  6. バリアオプションとは、オプションの一種。
  7. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  8. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  9. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  10. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。

アーカイブ