Topics

チョッピーとは?

チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。

流動性(リクイディティ)が低い場合に起こりやすく、レンジ内であるが、値動きが荒れている状態をいう。

こういった場面では各FX会社のレートが寄るので、アビトラ(アービトラージ)の機会と捉えトレードする投資家も多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  2. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  3. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  4. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  5. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  6. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  7. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  8. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  9. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  10. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。

アーカイブ