Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  2. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  3. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  4. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  5. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  6. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  7. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  8. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  9. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  10. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。

アーカイブ