Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  2. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  3. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  4. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  5. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  6. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  7. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  8. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  9. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  10. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...

アーカイブ