Topics

セリングクライマックスとは?

セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の投資マインドが冷え込み、売りが売りを呼ぶように取引高を伴い相場下落が進む状況のこと。

ポジションを持っているほとんどのFXトレーダーが「もうダメだ」と悲観的になりパニックを起こし、一斉に売ることでさらに売りが加速するという大暴落のこと。

略してセリクラとも言う。

セリングクライマックスの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  2. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  3. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  4. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  5. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  6. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  7. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  8. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  9. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  10. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...

アーカイブ