Topics

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。

金利を高い通貨を買う(金利の安い通貨を売る)ことで、決済するまで毎日スワップポイント(祝日、休日を含む)を受け取ることができる。

逆の場合はスワップポイントを支払うことになる。

特に南アフリカランドZARやオーストラリアドルAUDなどは高金利通貨とされ、スワップポイント狙いの長期保有の投資家も多い。

大手FX会社(YJFX)のスワップポイントはこちら。

YJFXの場合毎日、ニューヨーククローズ(NYCL)時の5:55(冬時間は6:55)に保有していた場合に付与される。

具体的にスワップポイントはどのくらいもらえるのか?

南アフリカランド円を10万通貨「買い」で、1日13円のスワップポイントがつく(2016年9月現在)。

そうすると1年間で約4,745円。

南アフリカランドのレート=7.11円(2016年9月現在)

10万通貨を25倍レバレッジで購入すると、28,440円から購入可能。

 

つまり、28,440円で「10万通貨買い」で1年間放置すると、約4,745円をスワップ収入を受け取ることができる。
金利にして16.68%。

このようなレバレッジによっては超高金利運用が可能なのでスワップ目的でFXをしているトレーダーもいるくらいである。

貯金感覚FX

 

ただ、レートは変動してロスカットや追証の危険性があるので、証拠金維持率を十分保つ必要がある。

またスワップポイントも一定ではなく状況により減る(さらには逆転する)こともあるので注意が必要。

スワップポイントの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  2. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  3. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  4. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  5. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  6. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  7. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  8. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  9. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  10. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...

アーカイブ