Topics

スリッページとは?

スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと。

通常時は価格通りの約定となるが、市場が何らかの理由で大きく変動した場合は、スリッページが発生しやすくなる。

また、成行注文の場合に生じる、発注レートと実際に約定したレートとの差のことも指す。
相場の急落等、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合がある。

FX会社では、成行注文(リアルタイム注文)において、スリッページ設定機能を用意しているところも多い(逆指値注文の場合は制限できない)。
ただ、相場変動時にスリッページ設定をキツく行っていると約定拒否(リジェクトという)が起こりやすい。

スリッページの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  2. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  3. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  4. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  5. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  6. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  7. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  8. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  9. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  10. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...

アーカイブ