Topics

スポット取引(直物取引)とは?

スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。

2営業日後を受渡日(決済日)とする。
(USD/CAD(ドルカナダ)は1営業日後)

直物(じきもの)取引ともいう。

反対語はフォワード取引(先物為替)。

フォワード取引とは?

フォワード取引とは、スポット以外の受渡日がある取引をいう。
例えば、企業が1か月後に為替予約をする取引など。

先物為替取引ともいう。

フォワードレートは、一般的に以下の公式が当てはまる。
フォワードレート = スポットレート + スワップレート

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  2. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  3. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  4. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  5. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  6. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  7. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  8. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  9. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  10. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。

アーカイブ