Topics

ストップ観測とは?

ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

このストップ観測目指して相場を買い上げ、ストップを巻き込んで上昇を加速させることをショートスクイーズという。
さらに、このストップロスを巻き込んで上昇する相場をSロスドリブン(エスロスドリブン・ストップロス)ともいう。

ストップ観測の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  2. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  3. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  4. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  5. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  6. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  7. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  8. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  9. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  10. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。

アーカイブ