Topics

ストップ観測とは?

ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

このストップ観測目指して相場を買い上げ、ストップを巻き込んで上昇を加速させることをショートスクイーズという。
さらに、このストップロスを巻き込んで上昇する相場をSロスドリブン(エスロスドリブン・ストップロス)ともいう。

ストップ観測の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  2. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  3. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  4. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  5. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  6. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  7. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  8. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  9. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  10. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。

アーカイブ