Topics

スタグフレーションとは?2016年の日本はどうなのか?

スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。

物価が上昇するが、賃金は上がらず消費が落ちていく状態なので経済にとってはマイナス。

「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。

日本でも、アベノミクスにより物価が上昇するが賃金が上がらず消費が落ちていく「アベノミクス・スタグフレーション」が今後起こりうるという意見もある。(2016年9月現在)

スタグフレーションの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  2. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  3. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  4. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  5. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  6. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  7. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  8. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  9. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  10. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。

アーカイブ