Topics

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返すトレード手法のこと。
通常1、2ティック程度で利益確定をする。

略してスキャルともいう。

FX会社のドル円のスプレッドが0.3銭などになってきたことからこういった手法をするトレーダーは増えてきた。
逆にスプレッドがワイドなマイナー通貨などでやるとスプレッド分損をすることになりかねないので注意が必要。

スキャルピングの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  2. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  3. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  4. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  5. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  6. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  7. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  8. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  9. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  10. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。

アーカイブ