Topics

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返すトレード手法のこと。
通常1、2ティック程度で利益確定をする。

略してスキャルともいう。

FX会社のドル円のスプレッドが0.3銭などになってきたことからこういった手法をするトレーダーは増えてきた。
逆にスプレッドがワイドなマイナー通貨などでやるとスプレッド分損をすることになりかねないので注意が必要。

スキャルピングの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  2. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  3. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  4. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  5. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  6. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  7. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  8. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  9. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  10. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...

アーカイブ