Topics

地合いとは?

地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。

好材料が重なったり、為替レートが上昇する傾向にあると「地合いが良い」という。
反対に、悪材料が重なったり、為替レートが下落傾向にあると「地合いが悪い」という。

地合いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  2. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  3. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  4. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  5. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  6. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  7. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  8. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  9. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  10. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

アーカイブ