Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  2. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  3. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  4. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  5. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  6. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  7. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  8. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  9. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  10. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。

アーカイブ