Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  2. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  3. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  4. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  5. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  6. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  7. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  8. パリティ(parity)とは、同等であること。
  9. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  10. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。

アーカイブ