Topics

ケーブルとは?名前の由来は?

ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
英ポンドと米ドル(GBPUSDポンド米ドル)の交換レートのことを指す場合もある。

まだ外国為替市場が全世界連動でなかった時代に、英国と米国の間に海底ケーブルを使った通信手段があり、大西洋間のケーブル(電信)でポンドのレートを知らせてきたことに由来するのだそう。

英ポンド円の現在の相場


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  2. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  3. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  4. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  5. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  6. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  7. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  8. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  9. バリアオプションとは、オプションの一種。
  10. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...

アーカイブ