Topics

キチンの波とは?

キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。

具体的には以下。

金融・経済用語辞典より引用

(1)生産量増加・在庫増加
主に好景気の末期。生産量が非常に拡大している。

(2)生産量減少・在庫の増加
生産過剰によって在庫が増えることで生産量の調整が行われるが出荷量を上回る生産であるため、在庫数は伸びる。景気後退の始まり。

(3)生産減少・在庫減少
景気悪化に伴いさらに生産量を減らす。これにより在庫量も減少する。この状態になると景気後退も終盤。

(4)生産増加・在庫減少
出荷量が増えため、生産量を拡大する。景気の好転により消費も増えているためなお在庫が減少する。景気拡大の始まり。

以上が大まかなキチンの波の周期である。これがおよそ40ヶ月周期で起こるとされているが、近年ではこのキチンの波が観測されないケースも良く見られるようである。(90年代の米国経済など。)

キチンの波の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  2. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  3. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  4. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  5. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  6. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  7. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  8. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  9. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  10. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。

アーカイブ