Topics

カットタイム、オプションカットとは?

カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

カットオフタイムとも呼ばれる。

主に東京15時、NY午前10時(日本時間24時、夏時間は23時)に集中し、それぞれ「東京カット」「ニューヨークカット」と呼ばれています。

一般的に、オプションカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

カットタイム(オプションカット)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  2. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  3. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  4. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  5. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  6. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  7. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  8. バリアオプションとは、オプションの一種。
  9. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  10. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...

アーカイブ