Topics

カットタイム、オプションカットとは?

カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

カットオフタイムとも呼ばれる。

主に東京15時、NY午前10時(日本時間24時、夏時間は23時)に集中し、それぞれ「東京カット」「ニューヨークカット」と呼ばれています。

一般的に、オプションカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

カットタイム(オプションカット)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  2. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  3. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  4. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  7. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  8. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  9. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  10. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。

アーカイブ