Topics

カットタイム、オプションカットとは?

カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

カットオフタイムとも呼ばれる。

主に東京15時、NY午前10時(日本時間24時、夏時間は23時)に集中し、それぞれ「東京カット」「ニューヨークカット」と呼ばれています。

一般的に、オプションカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

カットタイム(オプションカット)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  2. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  3. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  4. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  5. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  6. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  7. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  8. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  9. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  10. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

アーカイブ