Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  2. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  3. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  4. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  5. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  6. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  7. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  8. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  9. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  10. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。

アーカイブ