Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  2. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  3. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  4. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  5. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  6. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  7. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  8. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  9. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  10. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。

アーカイブ