Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  2. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  3. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  4. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  5. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  6. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  7. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  8. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  9. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  10. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。

アーカイブ