Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  2. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  3. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  4. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  5. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  6. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  7. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  8. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  9. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  10. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。

アーカイブ