Topics

買いオペとは?

買いオペとは、公開市場操作の一つ。

中央銀行が市場から国債などの有価証券を買い入れ資金を市場に放出すること。
金融緩和効果がある。

買いオペの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  2. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  3. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  4. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  5. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  6. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  7. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  8. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  9. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  10. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。

アーカイブ