Topics

オシレーター系・トレンド系とは?

FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。

オシレーター系とは、一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いるテクニカル分析です。

代表的なものは、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどがあります。

オシレーター系

オシレーター系のRSI。

 

一方トレンド系は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために一般的に用いられます。
代表的なものは、移動平均線、DMIなどです。

トレンド系

トレンド系の移動平均線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  2. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  3. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  4. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  5. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  6. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  7. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  8. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  9. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  10. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。

アーカイブ