Topics

オシレーター系・トレンド系とは?

FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。

オシレーター系とは、一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いるテクニカル分析です。

代表的なものは、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどがあります。

オシレーター系

オシレーター系のRSI。

 

一方トレンド系は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために一般的に用いられます。
代表的なものは、移動平均線、DMIなどです。

トレンド系

トレンド系の移動平均線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  2. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  3. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  4. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  5. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  6. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  7. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  8. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  9. パリティ(parity)とは、同等であること。
  10. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

アーカイブ