Topics

オシレーター系・トレンド系とは?

FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。

オシレーター系とは、一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いるテクニカル分析です。

代表的なものは、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどがあります。

オシレーター系

オシレーター系のRSI。

 

一方トレンド系は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために一般的に用いられます。
代表的なものは、移動平均線、DMIなどです。

トレンド系

トレンド系の移動平均線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  2. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  3. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  4. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  5. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  6. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  7. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  8. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  9. バリアオプションとは、オプションの一種。
  10. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...

アーカイブ