Topics

インターバンク市場とは?

インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。 FX業者は、お客から注文があった場合、インターバンク市場で取引を行う金融機関を通じてカバー取引を行っている。

具体的には

日本のFX業者が主にカバーを行っているカバー先は以下。

・オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
・カナダロイヤル銀行
・みずほコーポレート銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・クレディ・アグリコル銀行 東京支店
・クレディスイス銀行 ロンドン支店
・コメルツ銀行
・ゴールドマン・サックス証券株式会社
・JPモルガン・チェース銀行
・シティバンク、エヌ・エイ
・スタンダードチャータード銀行
・ステート・ストリート銀行
・ソシエテ ジェネラル
・大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社
・ドイツ銀行
・ノムラ・インターナショナル・ピーエルシー
・バークレイズ銀行
・BNP パリバ
・バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
・香港上海銀行
・モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・リミティッド・ライアビリティ・カンパニー
・UBS銀行
・ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー

この他にリクイディティマーケットとして360TやCURRENEX(カレネックス)等も存在する。

一般的にFX業者のカバー先は多ければ多いほど良いとされているが、FX業者によっては銀行が出すプライスが異なることもあり、銀行とFX業者が良好な関係を築けているかもポイントとなる。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  2. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  3. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  4. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  7. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  8. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  9. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  10. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...

アーカイブ