Topics

インターバンク市場とは?

インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。 FX業者は、お客から注文があった場合、インターバンク市場で取引を行う金融機関を通じてカバー取引を行っている。

具体的には

日本のFX業者が主にカバーを行っているカバー先は以下。

・オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
・カナダロイヤル銀行
・みずほコーポレート銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・クレディ・アグリコル銀行 東京支店
・クレディスイス銀行 ロンドン支店
・コメルツ銀行
・ゴールドマン・サックス証券株式会社
・JPモルガン・チェース銀行
・シティバンク、エヌ・エイ
・スタンダードチャータード銀行
・ステート・ストリート銀行
・ソシエテ ジェネラル
・大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社
・ドイツ銀行
・ノムラ・インターナショナル・ピーエルシー
・バークレイズ銀行
・BNP パリバ
・バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
・香港上海銀行
・モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・リミティッド・ライアビリティ・カンパニー
・UBS銀行
・ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー

この他にリクイディティマーケットとして360TやCURRENEX(カレネックス)等も存在する。

一般的にFX業者のカバー先は多ければ多いほど良いとされているが、FX業者によっては銀行が出すプライスが異なることもあり、銀行とFX業者が良好な関係を築けているかもポイントとなる。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  2. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  3. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  4. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  5. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  6. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  7. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  8. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  9. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  10. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...

アーカイブ