Topics

パリティとは?FXで具体的にどういうケース?

パリティ(parity)とは、同等であること。

FXの場合、ユーロドルやユーロスイスフランなどが1.0000となること。

パリティとは

上図の用にパリティを割ることを「パリティ割れ」という。

パリティの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  2. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  3. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  4. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  5. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  6. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  7. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  8. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  9. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  10. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。

アーカイブ