Topics

パリティとは?FXで具体的にどういうケース?

パリティ(parity)とは、同等であること。

FXの場合、ユーロドルやユーロスイスフランなどが1.0000となること。

パリティとは

上図の用にパリティを割ることを「パリティ割れ」という。

パリティの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  3. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  4. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  5. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  6. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  7. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  8. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  9. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  10. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...

アーカイブ