Topics

Pips(ピプス)とは?ドル円やユーロドルの場合は?

Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。

呼び方は、ピップスともいう。
ディーラーは単にポイント(Point)ともいう。

ドル円やユーロ円の場合、1銭(0.01円)が1pip(または1ポイント)となる。
ユーロドルなどのドルストレートの場合、0.0001ドルを指す。

正確には、現在はFX会社は0.1銭まで表示しているので最小単位は0.1銭だが、1銭単位で表示していた名残で1銭=1Pipとなっている。

102.20円から102.40円に上昇すれば、「20Pips(ピプス)の上昇」
102円から103円に上昇すれば「100Pips(ピプス)の上昇」をいう。

ピプスの具体例(使用例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  2. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  3. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  4. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  5. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  6. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  7. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  8. バリアオプションとは、オプションの一種。
  9. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  10. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。

アーカイブ