Topics

ロング・ショート戦略とは?その他のヘッジファンドの戦略の種類とは?

割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこと。

どんな相場でも収益をあげようとするヘッジファンドの運用方法の一つ。

他にヘッジファンドの運用方法としては主に以下の方法がある。

金利アービトラージとは?

金利アービトラージとは、先進国の流動性の高い債券市場および先物市場で、ロングとショートを組み合わせて、金利差やイールドアーブの歪みなどで収益の獲得を目指す戦略のこと。

グローバルマクロとは?

グローバルマクロとは、経済動向や金融市場環境を見計らいながら、割安な市場があれば買いのポジションを取り、割高な市場があれば空売りをするといった市場ファンダメンタルの方向性に投資する戦略。

マネージドフューチャーズとは?

マネージドフューチャーズとは、株式、債券、商品、為替などの先物市場で収益を上げる戦略。
フューチャーズとは先物のこと。

ロング・ショート戦略の具体例(使用例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  2. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  3. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  4. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  5. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  6. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  7. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  8. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  9. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  10. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...

アーカイブ