Topics

ロング・ショート戦略とは?その他のヘッジファンドの戦略の種類とは?

割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこと。

どんな相場でも収益をあげようとするヘッジファンドの運用方法の一つ。

他にヘッジファンドの運用方法としては主に以下の方法がある。

金利アービトラージとは?

金利アービトラージとは、先進国の流動性の高い債券市場および先物市場で、ロングとショートを組み合わせて、金利差やイールドアーブの歪みなどで収益の獲得を目指す戦略のこと。

グローバルマクロとは?

グローバルマクロとは、経済動向や金融市場環境を見計らいながら、割安な市場があれば買いのポジションを取り、割高な市場があれば空売りをするといった市場ファンダメンタルの方向性に投資する戦略。

マネージドフューチャーズとは?

マネージドフューチャーズとは、株式、債券、商品、為替などの先物市場で収益を上げる戦略。
フューチャーズとは先物のこと。

ロング・ショート戦略の具体例(使用例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  2. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  3. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  4. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  5. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  6. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  7. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  8. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  9. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  10. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...

アーカイブ