Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  2. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  3. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  4. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  5. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  6. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  7. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  8. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  9. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  10. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。

アーカイブ