Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  2. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  3. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  4. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  5. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  6. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  7. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  8. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  9. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  10. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。

アーカイブ