Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  2. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  3. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  4. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  5. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  6. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  7. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  8. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  9. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  10. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。

アーカイブ