Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  2. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  3. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  4. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  5. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  6. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  7. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  8. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  9. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  10. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。

アーカイブ