Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  2. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  3. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  4. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  5. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  6. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  7. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  8. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  9. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  10. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...

アーカイブ