Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  3. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  4. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  5. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  6. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  7. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  8. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  9. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  10. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

アーカイブ