Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  2. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  3. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  4. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  5. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  6. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  7. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  8. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  9. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  10. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...

アーカイブ