Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  2. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  3. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  4. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  5. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  6. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  7. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  8. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  9. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  10. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。

アーカイブ