Topics

レパトリエーション(レパトリ)とは?

レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資産を圧縮し、海外に保有する資産を引き揚げ自国に戻す行為のこと。

また、経済活動で生まれた外貨資産を決算時期や年度末に本国に送還させる事も指す。

レパトリ、リパトリエーションともいう。

そもそもRepatriationとは、日本語で本国送還の意味。

レパトリの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  2. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  3. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  4. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  5. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  6. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  7. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  8. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  9. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  10. リクイディティとは、市場における流動性のこと。

アーカイブ