Topics

両建てとは?メリットとデメリットとは?

両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。

例えば、

ドル円10万通貨買い102.30
ドル円10万通貨売り102.20。

両建てのメリットとデメリットは?

両建てのメリットは、両サイドのポジションを保有することでそれぞれの損失がこれ以上広がらなくなる(同アマウントの場合)。

また、どちらにレートが動いても片方はフェイバー(利益)となるのでその利益を決済し、逆に動いたときにもう片方のポジションを決済することで二重に利益を得ることができる(ただし両方やられるリスクももちろんある)。

デメリットは、両建てには、両ポジションのスワップポイントの受け払いが行われる。

ただ、一般的に両建ては、経済的合理性に欠ける行為であるので(はじめからポジションを決済してスクエアにすればいい)FX会社では推奨しておらず、両建てできないところもある。

両建ての使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  2. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  3. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  4. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  5. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  6. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  7. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  8. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  9. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  10. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。

アーカイブ