Topics

両建てとは?メリットとデメリットとは?

両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。

例えば、

ドル円10万通貨買い102.30
ドル円10万通貨売り102.20。

両建てのメリットとデメリットは?

両建てのメリットは、両サイドのポジションを保有することでそれぞれの損失がこれ以上広がらなくなる(同アマウントの場合)。

また、どちらにレートが動いても片方はフェイバー(利益)となるのでその利益を決済し、逆に動いたときにもう片方のポジションを決済することで二重に利益を得ることができる(ただし両方やられるリスクももちろんある)。

デメリットは、両建てには、両ポジションのスワップポイントの受け払いが行われる。

ただ、一般的に両建ては、経済的合理性に欠ける行為であるので(はじめからポジションを決済してスクエアにすればいい)FX会社では推奨しておらず、両建てできないところもある。

両建ての使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  2. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  3. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  4. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  5. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  6. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  7. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  8. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  9. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  10. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...

アーカイブ