Topics

リバーサルハイデイとは?リバーサルローデイとは?

リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終値を下回って引けること。

逆に、リバーサルローデイ(Reversal Low Day)とは下落過程での新安値を付け、その前日の終値を上回って引けること。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  2. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  3. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  4. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  5. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  6. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  7. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  8. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  9. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  10. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...

アーカイブ