Topics

アルゴリズム(トレード)とは?

あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断しながら自動的に売買するしくみ。

自動売買ともいう。

例えば、移動平均線の短期線と中期線がゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売りなど。

チャートソフトMT4上で自動売買するプログラムをEAという。

多くの有料無料のEAがWEB上に出回っているが、なかには詐欺まがいのものも多いので十分気をつける必要がある。

バックテストが十分出来ていても、過去の結果を最良にするあまり実際にアルゴを発動したら大損することも多々ある。
このように、過去の結果に最適化するようにアルゴを組むことをカーブフィッティングという。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  2. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  3. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  4. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  5. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  6. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  7. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  8. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  9. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  10. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...

アーカイブ