Topics

リスク管理(リスク・マネージメント)とは?

リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠れているリスクを明確にし、そのリスクが現実のものとなってもその影響を最小限に抑え資産に壊滅的な損失を出さないための対策を講じること。

FXトレードにおいてなによりも重視するもの。

具体的なリスク管理手法「2%ルール」とは?

「2%ルール」とは、1回のトレードの許容損失を資産の2%におさえるというルール。

たとえば、100万円だったら20,000円を1回の損失上限とする。
そうすることで、数回のトレードで破滅的な損失を出し、市場から退場させられることを防ぐことができる。

リスク管理の使用例(具体例)

 

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  2. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  3. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  4. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  5. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  6. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  7. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  8. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  9. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  10. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。

アーカイブ