Topics

リスク管理(リスク・マネージメント)とは?

リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠れているリスクを明確にし、そのリスクが現実のものとなってもその影響を最小限に抑え資産に壊滅的な損失を出さないための対策を講じること。

FXトレードにおいてなによりも重視するもの。

具体的なリスク管理手法「2%ルール」とは?

「2%ルール」とは、1回のトレードの許容損失を資産の2%におさえるというルール。

たとえば、100万円だったら20,000円を1回の損失上限とする。
そうすることで、数回のトレードで破滅的な損失を出し、市場から退場させられることを防ぐことができる。

リスク管理の使用例(具体例)

 

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  2. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  3. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  4. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  5. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  6. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  7. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  8. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  9. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  10. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。

アーカイブ