Topics

リクイディティとは?

リクイディティとは、市場における流動性のこと。

一般的に、メジャー通貨はリクイディティが高いといわれる。
また、リクイディティが低い通貨は、一般的にスプレッドが大きくなる。

さらにFXの場合、時間帯によってもリクイディティは大きく変化する。
東京時間前の日本時間朝6時から9時はリクイディティが低いといわれる。

リクイディティの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  2. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  3. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  4. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  5. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  6. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  7. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  8. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  9. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  10. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...

アーカイブ