Topics

リクイディティとは?

リクイディティとは、市場における流動性のこと。

一般的に、メジャー通貨はリクイディティが高いといわれる。
また、リクイディティが低い通貨は、一般的にスプレッドが大きくなる。

さらにFXの場合、時間帯によってもリクイディティは大きく変化する。
東京時間前の日本時間朝6時から9時はリクイディティが低いといわれる。

リクイディティの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  2. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  3. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  4. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  5. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  6. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  7. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  8. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  9. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  10. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。

アーカイブ