Topics

リクイディティとは?

リクイディティとは、市場における流動性のこと。

一般的に、メジャー通貨はリクイディティが高いといわれる。
また、リクイディティが低い通貨は、一般的にスプレッドが大きくなる。

さらにFXの場合、時間帯によってもリクイディティは大きく変化する。
東京時間前の日本時間朝6時から9時はリクイディティが低いといわれる。

リクイディティの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  2. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  3. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  4. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  5. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  6. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  7. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  8. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  9. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  10. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。

アーカイブ