Topics

リクイディティとは?

リクイディティとは、市場における流動性のこと。

一般的に、メジャー通貨はリクイディティが高いといわれる。
また、リクイディティが低い通貨は、一般的にスプレッドが大きくなる。

さらにFXの場合、時間帯によってもリクイディティは大きく変化する。
東京時間前の日本時間朝6時から9時はリクイディティが低いといわれる。

リクイディティの使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  2. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  3. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  4. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  5. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  6. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  7. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  8. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  9. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  10. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。

アーカイブ