Topics

ランダム・ウォーク理論とは?

ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
相場についての理論のうちの一つである。

バートン・マルキール氏による『有名ウォール街のランダム・ウォーカー』が有名。

ランダムウォーク理論の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  3. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  4. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  5. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  6. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  7. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  8. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  9. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  10. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...

アーカイブ