Topics

ランダム・ウォーク理論とは?

ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
相場についての理論のうちの一つである。

バートン・マルキール氏による『有名ウォール街のランダム・ウォーカー』が有名。

ランダムウォーク理論の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  2. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  3. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  4. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  5. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  6. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  7. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  8. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  9. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  10. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。

アーカイブ