Topics

ランダム・ウォーク理論とは?

ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
相場についての理論のうちの一つである。

バートン・マルキール氏による『有名ウォール街のランダム・ウォーカー』が有名。

ランダムウォーク理論の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  2. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  3. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  4. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  5. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  6. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  7. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  8. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  9. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  10. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。

アーカイブ