Topics

ランダム・ウォーク理論とは?

ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
相場についての理論のうちの一つである。

バートン・マルキール氏による『有名ウォール街のランダム・ウォーカー』が有名。

ランダムウォーク理論の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  2. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  3. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  4. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  5. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  6. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  7. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  8. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  9. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  10. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...

アーカイブ